【書評】天才はあきらめた (朝日文庫)

南海キャンディーズ山里亮太さん著の「天才はあきらめた」を読了した。
本書では山里亮太氏が学生時代から芸人になり、有名になるまでの物語が記載されている。
特に際立っているのは一貫して山里亮太氏が嫉妬や嫌悪感をバネに狂気染みた努力をしていたことが赤裸々に書かれている。

天才になりたかった過去

著者の山里氏は2006年に「天才になりたい」という本を上梓している。
この作品についてはまだ読んだことがないのだが過去に「天才」になろうとして努力してきた過去が「天才はあきらめた」にも記載されている。

努力の燃料となる嫉妬心

本書を読んでいると、どうしても途中で本を閉じてしまう。これは決してネガティブな意味ではない。この記事を書いている僕自身も「嫉妬」や悔しかった過去を思い出して努力してきた部類の人間である為、本書を読んでいる途中で自分の悔しかったことを思い出してPCに向かってプログラムを打ち込んでしまうからである。山里氏の異常なまでの嫉妬心を追体験するような気持ちで読んでいる自分も努力できるのである。

関連記事

  1. グアムに来ています。

  2. ライブエンターテイメントEXPO

  3. 第2回スタートアップ立教会

  4. ADHD的な人間が個性を発揮する世界線

  5. ポエムを書くことと書くこととWebライティングすること

  6. 立教生・OB起業家会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP